セラミックによる自然な色の被せ物(審美歯科)

美しさは口元から

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。
一般的な保険診療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。
保険治療での目的は「機能の回復」という視点の治療であるため、どうしても「見た目の美しさ」で満足のいく治療を受けることはできません。
それに対し、審美歯科は、機能的回復に加え、「見た目の美しさ」も満たす治療を行いますので、「むし歯治療の痕が気になる」、「むし歯を治療したいが、きれいに治したい」という方に最適の治療です。

保険が適用できないケース

  1. 治療目的以外の処置
  2. 高価な材料を使う場合

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。
治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。

初診時

初診時
奥歯の銀色、前歯の磨り減り

治療後

治療後
美しい口元を回復

いくらかむのに不自由は無くても、歯が変色していたり、銀歯が笑うと見えたりするのは嫌ではありませんか?審美歯科の技術で綺麗な口元を取り戻し、素敵な笑顔になれます。

適切な材料と丁寧な治療でより自然で美しい歯に

保険で治療した前歯

保険で治療した前歯

歯と歯肉の境目が黒く滲んできています。

保険治療は単純に歯を詰める、被せるが優先され、残念ながら見た目の美しさは考慮されていません。特に奥歯の被せる治療については基本的には銀色の金属しか使用できません。どうしても口元は暗くなります。前歯の被せる治療には保険でも白い材料を使用することが可能です。しかし、色が合わない、材料の変色、歯茎の際が金属色が透けて見えるなどの難点があります。
より天然の歯に近い自然な仕上がりや、耐久性を求める場合は質の高い材料と丁寧な治療時間をかけた審美歯科治療がやはり有利です。

どのような治療方法があるのか

被せる範囲、必要とされる強度、色合いの自然さなどを考慮しながら治療方法を決めています。その際には患者さんに口の中を一緒に確認しながら行っています。

オールセラミッククラウン
もっとも自然感のある色合いの再現ができます。前歯を美しく作りたいときに最適です。
ハイブリッドセラミッククラウン
通常のセラミックよりも粘りがあり割れにくい性質があります。奥歯の被せ物に適しています。
フルジルコニアクラウン
強度の非常に強いジルコニアをコンピュータで削りだす最新の方法です。従来のセラミックでは割れてしまう大臼歯に適しています。色調はやや白めになります。
ハイブリドセラミックインレー
部分的に歯を削ってはめ込む形のセラミックです。

きれいなむし歯治療

CR(コンポジットレジン)

コンポジットレジンとは、むし歯の治療などで目にするプラスチックのつめ物のことです。以前は、耐久性、変色などの問題があり、他の審美歯科材料に比べて劣るとされていました。
近年、開発・改良により、これらの問題は大きく改善され、コンポジットレジンの適用範囲は拡がりつつあります。審美歯科においても、CR(コンポジットレジン)を利用した修復が行なわれるようになりました。

適応

  • 短期間で治療したい
  • 経済的負担を少なくしたい
  • 定期的にメンテナンスに通える

以前に詰めた詰め物が欠け隙間からむし歯になっている場合があります。
また、金属アレルギーをお持ちの方では、口の中の金属の詰め物を除去してコンポジットレジンに置き換える処置を行い、アレルギーを予防することもあります。

専用の器具を用いてむし歯や変色している部分を削除します。

照射器で光を3~10秒当てることによって固まります。以前は何分も固まるまで待っていなくてはいけなかったのが、飛躍的に時間が短縮されました。

余分なコンポジットレジンを除去し、形を整えます。
詰めたコンポジットレジンが高かったり、当たりが強かったりしていないか、かみ合わせをチェックします。
30分程度で治療は終了です。

セラミックスインレー

金属を使った詰め物を入れた経験のある方は多いのではないでしょうか?かつての保険での治療は銀色の詰め物(パラジウム)が一般的でした。現在はレジンが中心になっており、品質は大きく向上していますが、仕上がりの美しさと耐久性ではセラミックスにはまだ及びません。

適応

  • 金属のかぶせ物に不満のある方
  • 金属アレルギーのある方
  • 修復物の変色が気になる方

保健で詰めたパラジウム合金です。この方法は保険適用ですが、辺縁のわずかな隙間からむし歯になる2次カリエスの危険性が指摘されています。

すべてセラミックスで作った詰め物(インレー)です。よく見てもなかなか見分けがつかないくらい、自然な仕上がりになります。見分けがつかないくらい自然な仕上がりです。

オールセラミックス

生体親和性と美しさ

金属を使ったかぶせ物を使って、歯ぐきが黒ずんだ経験のある方もいるのではないでしょうか。
オールセラミックスは、全てセラミックスで作られるため、生体親和性が抜群に良いのが特徴です。
歯ぐきの黒ずみのできません。金属アレルギーの方にも安心して使って頂けます。
また、全ての部分が自分の歯の色と同じ色調になりますので、自然な美しさがよみがえります。

適応

  • 金属のかぶせ物に不満のある方
  • 金属アレルギーのある方
  • 修復物の変色が気になる方

グラスファイバーで補強した白い支台歯を入れます。

セラミックでできたかぶせ物を被せます。

さまざまなオールセラミックスクラウン

セラミックスクラウンは一番奥の歯に入れた場合にかけやすいというデメリットがありました。
かけやすいというオールセラミックスクラウンの弱点を改善した様々なかぶせ物が登場しています。

e-maxクラウン
高い強度と均一性を持った審美性の高い高性能の二ケイ酸リチウムのガラスセラミックスで、正確にフィットする修復物を作成することができます。
フルジルコニアクラウン
人工のダイヤモンドとして知られているジルコニウム製セラミックスは、高い透明度で審美性が高く、天然歯よりもはるかに高い強度を誇っています。

審美歯科の症例

見た目の改善

見た目の改善前

治療前

見た目の改善を希望されて治療を行った女性患者さんの口腔内です。
治療前はむし歯や古い金属の色が目立ちます。

見た目の改善後

治療後

治療後です。
歯列矯正、根の治療、クリーニング、セラミック治療を行いました。見違えるように美しくなりました。患者さんは一層おしゃれになり、若返りました。

セラミックで修復した症例1

セラミックで修復した症例

前歯の変色

セラミックで修復した症例

歯を仮歯に変えて再治療

セラミックで修復した症例

セラミックを装着

セラミックで修復した症例2

金属をはめ込んだ歯 銀が目立つ

金属をはめ込んだ歯 銀が目立つ

はめ込みのセラミックに置き換えて綺麗な口元に

はめ込みのセラミックに置き換えて綺麗な口元に