入れ歯 保険と自費のどこがどう違う?

保険と自費、いったいどこが違うの?

入れ歯(義歯)を作製する際には、日本の医療制度のもとでは「保険で作りますか?自費で質の高いものを作りますか?」と私たちは患者さんに聞かざるを得ません。

保険でつくる義歯

保険の入れ歯

ある程度はかめる。精密度、快適性、審美製、耐久性には限界あり。

これは保険で認められている入れ歯の作製方法や使用材料がごく限られたものであり、出来上がった入れ歯の品質も最良とは言いがたいからなのです。

「保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは何ですか?」とよく患者さんに聞かれます。皆さんは材料の違いが一番か、と思われるかもしれませんが、実は、それは全体の要素の2割程度ではないか、と考えています。残りの8割ははっきりと言えば「かける手間と、それに見合った細かい形の仕上げの違い」と言ってほぼ間違いないと思います。

身近なたとえでいえば、背広で「洋服の青山」と「銀座の英國屋」の違いではないでしょうか。生地の値段はもちろん違いますが、それは販売価格の差額のごく一部。それ以上に違うのは仕立てにかける時間と手間でしょう。それが着た時の微妙な着心地の違いや長持ちに繋がってきます。義歯の違いも同じことです。

ではどこが違うか具体的にご説明しましょう

保険と自費の入れ歯の違い

①精密度・適合度

保険でつくる義歯

保険の入れ歯
細かいかみ合せの調整は難しい

自費でつくる義歯

自費の入れ歯
薄く、丈夫に、精密に作ることができる

食べる、しゃべる、飲み込むなどの時の舌・頬・口唇・喉など顎の周りの動きに合致した義歯の形を作るには、吟味された材料と何回に分けた精密な型採りが必要となります。部分入れ歯の場合には、さらに維持のための針金が支えの歯にぴったりと適合するために、精密ゴムを使っての型採りが必要になります。
こういった手間と材料の違いのために、保険の義歯と自費の義歯とでは精密度やその結果の義歯のがたつきに10倍くらいの差がでてきます。
これが実際にはかんだ時の義歯の動きの差、「かめる」「かめない」の差となって出てきます。

②顎の動きにそったかみ合せ

自費でつくる義歯

下顎を自費で作成
ガタつかず、その結果よくかめる

食べる、飲み込むなどの動きは単純な上下運動ではありません。顎は前後左右上下にさまざまな動きをしています。義歯に並べた歯はそれらの動きを邪魔せず、同時に顎の複雑な動きに合致することが必要です。このためには顎の動きを測定し、人工の歯のかみ合せを、器械の上と口の中の双方で綿密に調整することが必要です。
このような操作は場合によっては顎の動きの変化に合わせて、数ヶ月にわたって行う場合もあります。保険の義歯では残念ながらこのようなことは難しいのです。ある程度のところで妥協せざるを得ません。一方、自費の義歯では丹念にかみ合せのチェックと調整を行って、咀嚼しても動きの少ない快適な義歯を作ることが可能なのです。
顎の動きに合わせたかみ合せの義歯はかむほどに動かず、土手に密着して快適なものです。

③装着時の快適性

自費でつくる義歯

上顎を自費で作成
薄いことで発音も楽になる

特に上の義歯では保険の場合、プラスチックで顎を広く覆わざるを得ないのです。これがもとで「しゃべりにくい」「厚ぼったい」「違和感がある」などの訴えにつながりやすいものです。
自費の義歯の場合には金属の薄い材料を使用することでかなりの程度これらの問題を改善することができます。

④審美性

自費でつくる義歯

自費の金属床義歯を入れたところ
針金も目立たない

部分義歯の場合、針金が笑うと見えてしまう場合がしばしばあります。自費の部分義歯の場合には、設計を工夫して針金を笑っても目立たなくすることが可能です。

⑤耐久性

保険の義歯の場合にはプラスチックのピンクの部分(床といいます)が使用しているうちに割れてくることがしばしばあります。自費の義歯の場合には丈夫な金属のフレームで作ることが可能なので、破損の比率はずっと少なくすることが可能です。
また人工の歯に付いても自費の義歯の場合には、より磨り減りにくい材質のものを採用しています。

これらのきちんと手をかけた治療を行うためには、保険の制約の中では無理があるのです。ただし、種々の理由で保険診療をご希望される患者さんには、保険で義歯を作製することももちろんしています。ただしその際には、義歯の出来上がりに残念ながら質の差があることをお伝えしてご了解を得るようにしています。

精度の高い満足のいく入れ歯の制作を希望される方へ

まつした歯科では、世界標準となりつつあるBPS総義歯をお造りしています。
BPS総義歯の項目もぜひご覧ください。

簡単にできる、お口と入れ歯のホームケア

入れ歯のケアはポイントを抑えれば簡単です。でも、間違った方法でケアすると入れ歯だけでなく、自分の歯にも悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。

1.ブラシでよく洗浄する

Point 1

入れ歯専用のブラシもありますが、普段使用している歯ブラシで構いません。今使用している歯ブラシを入れ歯専用にするとよいでしょう。

Point 2

歯ブラシでブラッシングする際、歯磨き粉は使用しないでください。入れ歯の表面はプラスチック製ですので、歯磨き粉に入っている研磨剤で表面が削れ、ばい菌の温床になります。もし使うのであれば、食器用洗剤がお勧めです。研磨剤が入っていないので表面に傷も付きません。

Point 3

バネが付いている部分入れ歯は、特にバネの部分をよく磨いてください。バネの部分が汚れていると、それを支えている歯がむし歯や歯周病になりやすくなります。小さなバネですので汚れが見えにくいですが、丹念に磨きましょう。

Point 4

洗面台などで入れ歯を落として壊れた場合は、ご相談ください。修理してお返し致します。

2.自分の歯をブラッシング

Point 1

入れ歯のバネを支えている歯をよく磨いてください。
普段はバネがかかっていて汚れやすいところです。ブラッシングでむし歯や歯周病を予防しましょう。

Point 2

歯と歯の間はフロスか歯間ブラシでキレイにしましょう。歯ブラシだけで落ちる汚れは歯の汚れの60%くらいです。歯と歯の間にかなりの汚れがありますので、フロスか歯間ブラシを使いましょう。
フロスは歯と歯の隙間が狭い箇所に、歯間ブラシは歯と歯の隙間が広い箇所に使用してください。使うだけ、むし歯や歯周病を予防できます。

3.歯と入れ歯がキレイになったら

Point 1

就寝時は、総入れ歯ははずしてください。部分入れ歯は付けてもはずしても結構です。外してお休みになる時は、入れ歯は乾燥に弱いので、水につけておいてください。特に小さな入れ歯をお使いの方はなくしやすいので、ティッシュなどにくるんで無くさないようにするか、お口の中に入れておいたほうが良いかもしれません。

Point 2

入れ歯がはずれやすい時は、当歯科医院にご相談ください。バネやかみ合わせを調整するだけではずれにくくすることが出来ます。

やむなく、抜歯された場合

様々な事情により歯がなくなってしまった場合、 部分入れ歯や総入れ歯などを装着することになります。健康保険適応の場合は使用できる素材に制限がありますが、自費診療の場合は素材の制限がなくなり、さらにフィット感の良い入れ歯にすることが出来ます。また、バネのないフレキシブルデンチャーなど様々な入れ歯をご用意しております。
当歯科医院では患者さんのご要望にそって、最適な義歯をお作りします。

はじめての方も安心

入れ歯を入れたいけど、保険がきくものが良い。はじめての入れ歯でしっかり使えるか心配などという方におすすめの入れ歯です。

初めて入れ歯を入れる方へ

入れ歯は貴方のお口に合わせて作られています。しかし、初めて入れた場合は違和感を感じることでしょう。大切なのは慣れと練習です。

入れ歯をはめる前に

初めて入れ歯をはめる際は水で一度濡らしてください。入れ歯のはめはずしは、丁寧にゆっくりとしてください。慣れると簡単にできるようになります。

初めての入れ歯

初めは違和感が出て、外したくなりますがまず、1日は我慢してください。代表的な症状として唾液が出やすくなる歯や歯ぐきが締め付けられるような感覚が出る話しにくい吐き気がでるなどがあります。
これらの症状は2~3日で消えていきます。しかし、強い痛みや症状が出るようであれば担当医までご連絡ください。
患者さんが安心して使えるようになるまで、丁寧かつ根気よく調整を重ねてまいります。入れ歯は異物ですから馴れないのは当然ですし、不安だと思います。一緒にその不安を解消し、食べれる喜びを実感できるよう頑張りましょう。

定期健診においでください

お口の中の粘膜やあごの骨の形は日々微妙に変化していきます。入れ歯もそれに合わせて定期的な調整が必要です。
緩んでガタついた入れ歯は不便で見た目も悪いので年に3~4回は定期検査をお受けください。

インプラント義歯

インプラント義歯について

インプラント義歯という言葉は初めてお聞きになるかもしれません。欧米ではここ10年で急速に普及している、あたらしい義歯の安定方法です。

当院では義歯に積極的に取り組んでいますが、顎の骨が少ない、残っている歯の位置的バランスが悪く、噛むたびに義歯が揺らぐ例など、義歯のみでは十分に安定を図ることが困難な場合が実際にはあります。

そういった場合に、義歯の下にインプラントを埋め込んで、義歯の沈下や動揺を防ぐのがインプラント義歯です。いわばインプラントを「縁の下の力持ち」として活用するということです。

これまでの義歯では「動いて痛い」「土手が沈み込んでかみ合わせが狂う」「強く噛みこめない」といったことが顎の状態によってはありましたが、インプラント義歯ではこれらの悩みを一気に解決することが可能です。

また、これまでの従来型固定式インプラントは、歯のない部分に、ほぼ失った歯の本数分を埋め込んで人工の歯を作るやり方でした。インプラント義歯では主役はあくまで義歯ですので、インプラントの本数は少なくすることができます。その結果、費用的にも、痛みなどの体の負担についても、従来のインプラントに比べて少なくすることが可能になっています。