まつした歯科の歴史

手作り惣菜の「大谷屋」

かつてこの医院の会った場所に「大谷屋」という手作り惣菜の店がありました。 それは、私の生まれた家でした。

「大谷屋」の地で開業

大谷屋のトラック

大谷屋のトラック

実は妻も歯科医師で、すでに板橋で「マミ歯科」を開業していたので一緒に経営していました。そうしているうちに、私の実家が駒沢のこの地で営んでいたスーパーマーケットを閉じることになり、この場所で2004年に開業することを決心しました。
ここは私が生まれ育った場所ですから、特別な思いがあります。地域の方々とともに生き、お返しがしたいという意味もありました。店の屋号が「大谷屋」だったのですが、ご近所の方から「大谷屋の息子さんだね?」なんていわれることもあったりして、昔からの顔なじみの方がたくさんいらっしゃいます。
両親は同じ敷地内で暮らしていますし、愛すべき故郷に戻ってくることができて本当にうれしく思っています。
地域に根付き、みなさまの歯とお口のホームドクターでありたいと思い、日々診療を行なっております。ちなみに、板橋のマミ歯科は引き続き妻がやっています。

BPS義歯