かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定

平成○年○月○日、当院は厚生労働省より
より専門的に予防のための定期管理(メインテナンス)を行う「かかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。
この制度は厚生労働省が定めた、むし歯や歯周病の重症化予防のための画期的な制度で、全国約70,000件の歯科医院のわずか10%しか認定されていません。(H29.4時点)むし歯や歯周病の継続的管理・歯科医院内の医療設備の整備・在宅歯科医療の実績・地域との医療連携の実績を積んだ歯科医院が申請して初めて認められます。言い換えれば設備や医療レベルで優れた歯科医院の証明とも言えます。

この認定をうけ、これからも皆さんのかかりつけ歯科医院として、健康寿命の延伸とお口の健康を守るための継続的な歯科医療の提供を地域の医療関連諸機関と連携して行ってまいります。

予防のための、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは?

お口の健康とは「むし歯や歯周病のない状態を保つ」だけではなく「満足に噛め、発音や見た目にも不自由がない」、すなわち生活の質を保つことであるという方向に考え方が大きく変わってきました。そのためには来院した患者さんの歯だけを見るのではなく、時には他の医療機関などとも連携し、必要に応じて適切な歯科医療サービスを提供できる歯科診療所が求められています。
これはかねてより当院が掲げてきた理念とも合致するものです。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

患者さんにとってのメリット

①毎月保険でフッ素塗布が行えます!

フッ素は、歯を硬く強くし、むし歯になりにくくするためのお薬です。
方法はフッ素を歯の表面に塗ります。フッ素塗布は定期的に塗布することが有効です。

厚生労働省より「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されている当院では、子どもだけでなく大人・高齢者にも毎月フッ素塗布に健康保険が適用されます。
フッ素塗布は年齢を問わずむし歯予防には非常に効果的です。
歯磨きとフッ素の力を合わせていくことで、よりむし歯になりにくい環境をつくっていきます。

毎月保険でフッ素塗布が行えます

②歯茎やむし歯のチェックをデジタル写真で行います!

患者さんのフッ素を塗布したり、歯周病の継続的な管理を行う場合にはデジタルカメラでお口の中を撮影し、チェックと管理を行う決まりになっています。このことでより一層綿密なお口の管理を行うことができるようになりました。

歯茎やむし歯のチェックをデジタル写真で行います