歯科医師募集

院長からのメッセージ

求職中の皆さんへ

自他共に認めるプロフェッショナルな歯科医師になりませんか?

歯科医師としてきちんとした技量を身につけ、さらに歯科医院運営の細かいノウハウを身につけて、自信を持って自らの歯科医師人生を築いてみませんか?

まつした歯科で微力ながらそのお手伝いをしたいと思っています。私がこのようなことを考えるようになったのは、臨床研修を終えられた先生方を何人かお引き受けして、臨床を支えるだけのスキルとその裏付けとなる学術的な知識があまりに不足していると感じたからです。
彼らにきちんと教える場がないとプロとしての自信が持てないし、また日本の歯科医療の現場も全体の力量低下という憂慮する事態になってしまいます。
一本の歯を診て診断ができ、治療方針が立てられ、かつ実際にきちんと処置ができる。これが達成できれば真のプロの歯科医師として自信もつき、患者さんからもスタッフからも認められるようになります。
私は一介の巷の開業医ではありますが、残りの歯科医師人生の課題の一つとして、次世代の歯科医師の先生方に自分の習得したノウハウをきちんと伝え、歯科医師育成の一翼を担いたいと考えています。

院長紹介

院長 松下寛

院長 松下 寛(まつした ひろし)

  • 東北大学歯学部卒業 同大学院修了
  • 東北大学歯学部付属病院 城南福祉医療協会勤務を経て 現在地に開業
  • 医療法人社団寛眞会まつした歯科 院長
  • 有床義歯学会指導医 歯内療法学会専門医 下顎吸着総義歯国際インストラクター
  • 総義歯のセミナーを全国各地にて講演の実績あり
  • 総義歯に関する著作2冊 雑誌掲載論文多数

現在臨床教育の技法としての「暗黙知」の概念に基づく臨床技能マニュアルの作製をテーマとして取り組んでいる。

著書紹介

これならできる明快総義歯作り
効率化を目指した総義歯規格作製法【砂書房】

著者が恩師のお一人、塩田博史先生に勧められて作製した初めての書籍。

  • 義歯経験の少ない初学者でもある程度の結果を出せる様に配慮した記述
  • 「総義歯には基本的な形やサイズがある」を基本概念として床外形・咬合高径・人工歯排列などをわかりやすく提示
  • シンプルな器材でもできるわかりやすい術式の解説が特徴

総義歯臨床のHands-on
“保険&自費”どちらにも対応します【デンタルダイヤモンド社】

著者が阿部二郎氏に師事した後の第二著作

  • 下顎吸着総義歯の概念紹介と具体的な術式
  • より精密な総義歯作製方法としてのBPS&VASの紹介と具体例の提示
  • 保険と自費のそれぞれの対応といった、臨床現場で避けて通れない問題への筆者なりの術式上での棲みわけの具体例の提示
  • 特に術式の記述に際しては「触覚」「ポジション」といったことも記述して実際に再現できる文章表記を心がけた
こんな歯科医師を待っています
  1. 基礎から力をつけて、着実にスキルアップをしたい
  2. 保険診療だけでなく、自費診療も経験したい
  3. 入れ歯・義歯について学びたい
  4. セミナーにも積極的に参加したい
  5. 学んだことを実践できる医院で働きたい

経験を積むのに絶好の条件

実践的なスキルを身につけるための初期研修の一例

初期研修では根管処置やインレー・クラウンの形成など、歯の切削に関しての基礎的な抜去歯での実習をこれまで多く行ってきました。
この時用いた抜去歯ですが、実際の状況にできるだけ対応できるように、あえて無傷の歯を使用せず、修復物がついたままであったり、う蝕がある歯を選んで実習をおこないました。
そうするとまずクラウンやインレーを外すところからの実習になります。う蝕があればそれを除去するところから。これが実践的な実習として有益なのです。
実際に口腔内で処置を行なう歯は無傷の歯をあえて削る場合はほとんどないですので、場面に即しています。
クラウンやインレー、場合によりメタルコアーを早く、安全に、しかも患者さんの苦痛を最小限にして除去するスキルを習得します。
この時に私は単に手技の手順だけではなく、器具操作の力の入れ方・リズム・手応え・どこに視点を合わせるか・どこでうまくいくかどうかの判断の目安などをできるだけ言語化して伝えています。いわばベテランの見えにくい・伝えにくい技の極意をあえて伝える努力です。
う蝕のある歯の軟化象牙質除去も若い先生方が出来そうで出来ない分野です。インスツルメントの動かし方・リズムと加える力・その時に手に伝わる感触で良し悪しをどのように判断するか・その歯が残せるかどうか、手をつけていい歯かどうかの判断を同時に行なうように指導しています。
この地味なプロセスを経て根管処置や形成を初めて行います。基礎的な切削や除去の習得で、歯を削ることの体感を会得できるようになります。後に続く根管処置や形成の習得スピードも早くなります。上達の基本はここを疎かにしないことだと私は考えます。

自らの頭と手を使った実践的な臨床医の育成

上記の基礎的な実習を行いながら、次第に実際の患者さんの口腔内で医療処置を徐々に習得していきます。
上記で学んだことは、細分化された治療工程の中での一つ一つの場面でのスキルです。臨床の現場ではさらに上位概念として「作業概念」を身につけるようにしていただきます。
「作業概念」とはいわば処置の流れの全体像です。例えば根管処置ならば麻酔から始まって修復物除去~軟化象牙質除去~アクセスオープニング~根管口明示~根管探索~根管長測定~根管拡大~貼薬~仮封となるわけですが、それが一連のスムーズな流れとして身についているのかが課題です。

レントゲン写真や口腔内の所見を一緒に見ながら先生方とディスカッションします。診断は妥当か、処置を行って保存できるのか、予後はどのくらいか、処置のステップは定石通りでいいのか、定石以外のバリエーションが必要か、各処置の完了の目安はどこにポイントを置くか、処置上の特段の注意点はあるのか等々を確認します。
こうやって模型実習で学んだスキルをどの場面で適応させるのか、処置の細かい組み立てを自分で考えるトレーニングを行います。これが臨床的なスキル上達のもっとも重要なステップと考えます。

患者さんを徐々に配当
~口腔全体の機能回復とその維持を考えながらの取り組み~

上記に述べた研修内容は、主に一本の歯についての処置の習熟についてです。次の段階として比較的治療のゴールが設定しやすく、かつ患者さんとのコミュニケーションや全身の健康に問題がない方を選んで、診査・治療計画立案・処置・予後観察までを先生ご自身で行っていただきます。(もちろん私とのディスカッションを前提とした上ですが)

う蝕や歯周病のリスク因子の把握、一本一本の歯の保存の可否の診断および処置方針の立案、顎位の設定をどうするか、欠損のある場合には欠損補綴をどのような形式にするか、予後の予測などについて確認しながら処置を進めていただきます。

このステップでお口全体の診断・処置・予後管理の基本を学んでもらいます。

さらにアドバンスの症例を一緒に考え、取り組んでいく

実際の臨床の場面は教科書的に定石通り処置できない、例外的な症例も含まれます。現場に慣れてきたらば、次第にそういった患者さん固有の問題を抱えた症例も、問題点を私と確認しながら手がけていくようにしていただきます。
考えられるケースとしては以下のようなものが挙げられるでしょう。

これらの症例を通して現場での臨床的対応力を身につけていただきます。
  • 学問的な見地での難易度の高い症例
  • コミュニケーションの確立が難しい症例
  • 考慮すべき全身疾患のある症例
  • あえて妥協的な処置で経過観察が必要な症例
  • 保険治療と自費治療について相談を要する症例

こういった症例では患者さんとの「落とし所」を捉えて、満点ではなくても60点のレベルでトラブルを起こさず処置し、経過観察していくことが大事です。いわば「臨床の知恵」といえるかもしれません。

一連の治療の流れについて

初診からメインテナンスについて

当院での治療の基本的な流れを提示いたします。

治療の流れ
①初診・応急処置
まず来院時主訴をお聞きし、口腔内診査をした上で、当座の必要な応急処置をいたします。併せて治療に対するご希望・考慮を有する全身疾患の有無・継続的な通院が可能かどうかをお聞きします。
②各検査・治療計画立案とその説明
主訴が一旦落ち着いた上で、口腔内全体についての診査や処置のご希望をお聞きします。
ご了解をいただいた上で口腔内診査・レントゲン撮影・歯周組織検査・口腔内写真・マル模等の資料を採取させていただき、分析の上治療計画立案をいたします。う蝕や歯周病のリスクが高いと判定される場合にはそのことも考慮します。
患者さんに治療計画をお話しし、ご了解いただいた場合には治療計画に沿って進めることとします。また治療計画について患者さんから方針変更の希望がある場合には、内容をお聞きした上で治療計画の修正を行います。
③初期治療(基礎治療)
単純な処置内容の場合には基本的な歯周処置とう蝕処置を進めていきます。欠損補綴と歯周処置が関わっているケースでは、一回の治療計画で最終処置まで行うことが難しい場合がしばしばあります。
こういった場合にはまず基礎的な歯周処置(歯周初期治療)と、う蝕処置・欠損補綴の第一段階での処置をおこない、口腔内での歯周組織・う蝕・欠損部の当面の回復を行います。う蝕や歯周病のリクスコントロールが必要と考えられる場合にはこの段階で生活指導・セルフケアーの指導を行います。
④再評価・再治療計画と説明
基礎治療が終了した時点で再度口腔内診査を行い、炎症・機能・形態の回復状況を評価します。再度診査のための資料採取を行い、それをもとに再治療計画を立案・相談します。歯周外科・最終補綴などの内容が主となります。
具体的な費用面での確認が必要な場合には、この段階で詳細なご相談をします。ご了解が得られた時点で引き続きの治療に取り掛かります。
⑤最終治療とその評価
再治療計画に沿って治療を行い、所定の治療が終了した時点で再評価を行います。問題がないと判断された時点で、継続的なメインテナンスが必須であることをご説明します。
⑥メインテナンスへの導入・継続
補綴を含む大規模な処置をした方は、以後のメインテナンスが必要なことをご説明し、継続的な来院をしていただきます。具体的な内容は次項にてご説明いたします。

患者管理体制

メインテナンスの体制と予防に対する見地

歯科で「治療」と言われているものの大部分は、人工的な形態修復であり、概念的には「治癒」ではなく「修理」がむしろ妥当です。

当院では患者さんにこのことを繰り返し説明します。いわば中古車の修理と定期点検・修理が概念的に非常に近いことを例えてお話します。

普段のお手入れをマメにして、大事に運転し、定期点検を行えば、中古車も長持ちします。逆にお手入れもせず、乱暴に運転し、定期点検をサボり、壊れるまで放っておけば当然早く寿命も尽きます。口の中も同じことです。こう話すと患者さんはよく理解していただけます。

当院では大規模な処置を行った方については原則的に担当衛生士を配置し、継続的なメインテナンスをしています。その他の患者さんは上記の継続的なメインテナンスの重要性をご説明し、自主的な来院をお願いしています。

継続的な口腔内クリーニング・新たなう蝕は歯周組織の変化のチェック・セルフケアとリスク因子のチェック・人工的な修復物の破損・脱離のチェック・顎位の変化の有無のチェック。これらを歯科衛生士と共同して行っています。

追加の処置が必要な場合には患者さんにご説明をして処置を行います。

メインテナンスの体制と予防に対する見地

せっかくだから義歯の匠になってみよう

私はもともと大学の保存科で歯内療法を学んできましたが、一般の歯科病院で義歯の診療科に配属され、ここで数多くの症例を通じて義歯のノウハウを学んできました。
当初は畑違いの分野に配属されたことに当惑しましたが、今では自分の臨床の貴重な武器になっていることを実感し、感謝しています。
現今の日本の高齢社会の中では、欠損歯列を補綴することは避けて通れない道です。
欧米では欠損に対してインプラントを適応するケースは国によっても違いますが50%程度と聞いています。
一方日本では医療制度や患者さんの認識など様々な事情があるのでしょうが、欠損に対してインプラントが適応される比率はずっと少なく、私の知っているデータでは数%にとどまっています。歯科の業界紙ではインプラントの美麗な症例が紙面を飾っていますが、現場ではまだまだ義歯の需要が多いというのが実感です。
私は勤務した歯科病院での臨床経験、および福島の塩田博史先生と調布の阿部二郎先生に師事したことを通じて多くの義歯のノウハウを学んできました。
現場での患者さん持参の義歯の修理・調整といった即時的対応から、より精密で機能的・審美的にも優れた世界標準とも言える義歯の作製方法まで、かなり幅広い蓄積が私自身の中にあります。
私と一緒にお仕事をしてくださる先生にはこれらのノウハウの蓄積をできるだけ供与して次世代の匠になっていただきたいと思います。

こんなことを学んでいただければ、というのが以下の項目です。

  • チェアーサイドでの義歯の咬合の判定と調整方法
  • リマウントの技法と適応症
  • 義歯症例の難易度を知るための診断方法
  • 簡便に行える義歯の印象方法と咬合採得方法
  • VAS、BPSといった世界標準の機能的・審美的な総義歯作製方法
  • 下顎吸着総義歯の理論と作製方法
  • 部分床義歯の診断・設計・作製方法(保険と自費双方で)
  • インプラントオーバーデンチャーについて
せっかくだから義歯の匠になってみよう
まつした歯科での入れ歯づくり

独立のもう一つの選択肢

医院継承という道

新たに歯科医院を開業という従来の方法が、だんだんと困難になっているのは皆さんもご存知でしょう。私の開業地である世田谷区の駅近くでも歯科医院がひしめき合い、さらにそこから数十メートルの近くで新たな歯科医院が開業するという事態です。
私は、まつした歯科に勤務していただく先生の中で、当院の医療方針に賛同してくださり、医院運営も含めて長期に続けられそうな方に将来医院を譲渡・継承しようと考えています。
私にすれば、大事にお付き合いいただいた患者さんや、手塩にかけてきたスタッフを信頼出来る次世代の先生に引き継げるという安心感があります。

引き継ぐ先生にとっては新規開業のリスクを冒すことなく、独立の道を選べるというメリットがあります。(実際非常に有利な条件と思います。)
もちろん、すぐにというわけではなく、勤務していただいて4~5年の年月は当然準備期間として必要と考えます。また引継ぎの際には間に専門の方に入っていただき、きちんと契約を結ぶこともお約束します。
これからの日本の歯科医療業界では、私のような医院継承というケースが多くなると考えています。その先鞭をつけたいということです。

医院継承という道

もう一つ大事な歯科医院運営の問題

人・もの・カネ

歯科医院の運営は、実際には診療技術のみで賄える部分は少なく、それ以外の大部分はいわゆる経営的な観点でのノウハウの取得が必要となってきます。(読者のみなさんがっかりしないでくださいね)

人事雇用の諸規則・給与計算と社会保険等の諸費用の考えと計算方法・在庫管理・予約管理・シフト管理・現場の金銭管理・保険請求の手順・歯科医師会をはじめとした外部書記官との関わり等々かなりの項目があります。

これらについては、現場の治療に習熟してきた段階で徐々にご教授していきます。

技術と経験を得る最適な環境

医院設備紹介

デジタルパントモ、セファロ、CT、炭酸ガスレーザー、高周波治療器、機械式根管拡大装置(レシプロック)、口腔内撮影用カメラ、口腔内拡大モニター、口腔外バキューム

歯科用CT

CT

募集要項

給与 卒後3年目30万以上(固定給 賞与あり)、5年目移行50万以上
一定以上の技量向上が認められた時は歩合給に移行
詳細は面談の上決定
勤務時間 月・火・木・金
9:00~19:00(昼休み 12:30~14:00)
休日休暇 日曜・祝日のない週は水曜休み、年末年始、夏季休暇、慶弔休暇
有給休暇は労働基準法に準じる
福利厚生 社宅あり(世田谷区深沢 1DK バス・トイレ)
産休育休取得可能、産休後時短勤務可能
学会・セミナー参加可能
加入保険等 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険
研修制度 初期研修マニュアルあり

応募方法

詳細については面談時にお伝えいたします。
ご興味のある方は表記の電話番号までご連絡ください。

TEL:03-3411-3131