ホワイトニング

ホワイトニングマシーンビヨンド

ホワイトニングマシーンビヨンド

 「歯が黄色いのが気になる」「もっと白い歯の口元にしたい」と思っていらっしゃる方々は多くいらっしゃると思います。当院では最新式オフィスホワイトニングシステム「ビヨンド」を導入しています。ご興味のある方はご相談ください。

ホワイトニングとは?

 酸化作用のあるホワイトニング専用の薬剤を歯の表面に作用させて、歯を白くする技術です。診療室で集中的に短時間で行うオフィスホワイトニングと、家庭で行うホームホワイトニングの二種類があります。
 当院ではオフィスホワイトニングを主として行い、補助的にホームホワイトニングをお勧めしています。

ホワイトニングできる歯 できない歯

 すべての歯がホワイトニングで白くはなりません。以下のような歯は効果がないか、不十分な効果になりますのでご了解ください。これらのことについては事前に診察とご説明をいたします。

  • 全体を被せてある歯(被せたものも、付け根の変色も効果なし)
  • 根の治療をしてある変色した歯
  • 子供時代の薬剤の影響で変色した歯
  • 虫歯のある歯(虫歯を治してからホワイトニングを行います)
  • 横縞のある歯
  • 奥歯など厚みのある歯

まずはクリーニングをしましょう

クリーニング前

クリーニング前

クリーニング後

クリーニング後

 歯の表面の着色だけならば、単純に専用の器具で磨くこと(クリーニング)で白さを回復することができます。特にヤニや茶シブは効果があります。まずはクリーニングをしてみてホワイトニングをするかどうかを判断しても遅くはありませんよ。

ホワイトニングの実際の進め方

 医院に行ってすぐにホワイトニングを希望されてもそれは無理です。いくつかの準備をしてから行いますのでご了解ください。

  • お口の診察 適応症かどうかの見極め
  • 虫歯がある場合には事前に虫歯の処置
  • クリーニングと歯石の除去
  • オフィスホワイトニングの説明(段取り、薬剤の内容、知覚過敏について、後戻り、ホームホワイトニングとの併用について)
  • オフィスホワイトニング開始(基本的には二回連続)

オフィスホワイトニング

術前

術前の色確認 A2

術後

術後の色確認 A1 1段階明るくなりました

 オフィスホワイトニングは医院にて行われます。医院でしか扱えない強いホワイトニング剤を使用します。短期間で治療が済み、いち早く効果が実感できるというのが特徴です。
 オフィスホワイトニングは歯の表面ホワイトニング剤を塗り、その上から強力な光を照射し、ホワイトニング剤が化学分解されることで効果を発揮します。
 光照射の機材として当院は「ビヨンド」ライトを使用しています。「ビヨンド」ライトはパワーの強いハロゲン光を使用しており、特許取得済みの特別なフィルターで、この強いパワーを維持しつつ、熱を抑制していますので、非常に安全です。
 「ビヨンド」ライトを用いると、簡単にホワイトニングができます。光照射が済むまで大体平均約45分間程度で終わります(照射時間には個人差があり、必ずしもその限りではありません)。

オフィスホワイトニングはこんな方にオススメです

  • 短期間で歯を白くしたい
  • 大切な行事(結婚式、成人式、パーティーなど)までに白くしたい
  • ホームホワイトニングをするのが面倒
  • いままでホワイトニングをしたが、納得いく色にならなかった

ホームホワイトニング(ご自宅で行う方法)

 ご自宅でできるホームホワイトニングの使用方法です。これだけでもある程度白くなりますが、オフィスホワイトニングに比べると若干効果は劣ります。
 当院ではオフィスホワイトニングを行った後の白さの維持のためにご希望の方にお勧めしています。
 手順は以下のとおりです

  • 歯型を取り、ホワイトニング専用のマウスピース作ります
  • ホームホワイトニング専用ジェルを購入していただきます
  • ご自宅で夜間ジェルをマウストレーに注入し、装着します

※ホワイトニングの効果には個人差があります。

QandA

Q1.ホワイトニングは痛くないの?

 歯のホワイトニングで一時的にしみるような痛み「疼痛感」が出る方がいます。通常、24時間以内になくなりますので安心してください。
 歯のホワイトニングは、主成分である過酸化尿素や過酸化水素が歯の中の着色物質を分解することです。そのホワイトニング剤が着色物質を分解すると同時に歯の中の水分バランスも崩し、一時的に脱水状態にするのではないか、と考えられており、この状態が「疼痛感」となります。
 この脱水症状は、これらの化学分解によるものですので、ほとんど避けることはできません。歯の中の水分状態は人によりまちまちで、歯の大きい人と小さい人では全く異なります。つまり、「疼痛感」は個人差があります。しかし、歯には全く影響がありませんので安心してください。
 一般的には、ホワイトニング効果とこの「疼痛感」は比例しています。ホワイトニング効果を出すためには、ホワイトニング剤をできるだけ長い時間歯の上においておく必要がありますが、その分、歯の中の水分バランスもより崩れて「疼痛感」が強くなります。

Q2.一度のホワイトニングで大丈夫なのでしょうか?

 初めてホワイトニングを受けられた方は、どんなにきれいになっても短期間(約1週間)で着色が認められるようになります。これは歯の表面に少し着色することによるもので、その後再度ホワイトニングをするとその着色が取れさらにきれいになります。
 ホワイトニングは回数を重ねたほうがより「白さ」の定着率がよくなります。ですからビヨンドのメーカーでは基本的に二回のホワイトニングをお勧めしています。

Q3.ホームホワイトニングキットはどこで購入できるのですか?

 アメリカなどではスーパーなどで購入できるほど一般的ですが、残念ながら日本では店頭での直接購入はできません。

 日本では、「医療機器」の扱いとなるので、歯科医師を通して「治療」として行われます。 カウンセリングを行いホームホワイトニングに使用するマウスピースを作るための歯型をとり、ホームホワイトニングキットをお持ち帰りいただく事になります。

Q4.すべての人にホワイトニングの効果があるのですか?

 歯のホワイトニングで、歯の色は必ず改善します。しかしすべての歯が真っ白になるとは限りません。すべての歯が同じように白くなるとは限りません。やはり個人差があります。

Q5.ホワイトニングの人体への影響は大丈夫ですか?

 過酸化水素や過酸化尿素を主成分とするホワイトニング剤は歯科医師により正しい使用をする限りは安全です。
 しかし、その効果の最大化を求めるあまり、高濃度の薬剤を使用したり、非常に強い熱を発する「光」を使用したりすると歯やその周辺組織に損傷を与える可能性があります。
 医院でのホワイトニングはスタッフ立ち会いのもと安全に行われます。ホームホワイトニングも使用方法をお守りいただければ影響はありません。

Q6.ホワイトニングの効果はどれくらい持続しますか?

 残念ながらいったん白くなった歯も、時間の経過とともに段々と色が後戻りします。いわば、ヘアーダイの後戻りと同じようなものと考えてください。
出来れば三ヶ月に一回ほどのオフィスホワイトニングを繰り返し続けるか、あるいはホームホワイトニングを続けておこなうことで白さを保つことが出来ます。

BPS義歯