虫歯治療

出来るだけ削らない、時には見守る治療

 当院では定期チェック・早期発見・可能なものは予防処置による経過観察・必要な場合には早期治療を心がけています。一昔前は虫歯があれば即治療でしたが、今は考え方が変わっています。
 軽度の虫歯で予防処置で進行停止が可能なものについては、そのまま経過を見るケースも多くなっています。また治療そのものも軽度な治療は接着性の材料を活用して、削る範囲を小さくする傾向になっています。(MI治療といいます)
 おかしいな?ちょっと違和感がある、といった場合はお気軽にご相談下さい。

MI治療(ミニマムインターベンション)

虫歯治療

予約制ですが急患も随時受け付けております

 当院ではMI(ミニマムインターベンション)という考え方を虫歯治療の中心のひとつにしています。
 MIとは、最小限の侵襲(小さく削ること)という意味で、不必要に大きく削らず、最小限の範囲の切削で対応する治療です。良質の接着性材料と予防のシステムの確立でこういったことが可能になってきました。
 この方法が最も天然歯を長持ちさせる治療といえます。ただし、適応はあくまで軽度の虫歯の治療です。万能の治療法ではありません。広範囲の虫歯や神経の治療が必要なケースではやはり大きく削る場合があります。

痛みに配慮した治療を心がけています

 当院では、麻酔をする場合にも事前に表面麻酔を施し、できるだけ痛くない麻酔と治療を心がけています。
 麻酔注射では体温まで温めた麻酔液を極細の針でゆっくりと注入することができる電動の注射器を使用し、患者さんの負担を軽減しています。
 万が一治療中に痛みがあるときには、すぐに合図をしてください。麻酔を追加して効いているのを再度確認してから治療を再開します。我慢する必要はありません。

虫歯の進行状態

C0~C1 初期虫歯

 歯の表面のエナメル質という硬い部分の範囲内の虫歯です。この部分には神経が無いので、痛みはまだ感じません。
 適切な予防処置をすれば進行停止可能です。そのまま経過をみることもあります。

C2 中期虫歯

 エナメル質の下の部分である象牙質に達している虫歯です。この段階では、冷たい物や甘い物がしみたり、痛みがでたりします。「虫歯かな?!」と気付くのは、この段階のことが多いです。
 この段階は「MI」による最小限治療が多くの場合可能です。

C3 後期虫歯

 象牙質の更に下の部分である歯の神経(歯髄)に達している虫歯です。この段階になると、強い痛みがでます。また、温かいもの・冷たいものがしみて、咬合痛(かんだ時の痛み)もみられます。
 この段階は歯の神経を抜く(抜髄・ばつずい)処置を行うケースが多くなります。また治療後、クラウンというかぶせ物を作って歯を補強する必要があります。

C4 末期虫歯

 歯の頭の部分(歯冠)はほとんど崩壊して無くなり、根の部分(歯根)のみが残っている状態です。歯を残せる可能性はありますが、ひどく進行すると、中には抜歯になる場合もあります。
 抜歯を行うと「部分入れ歯」や「ブリッジ」などで歯のない部分を補い、噛む機能を回復させる処置が必要になります。

治療後は必ず定期的メンテナンス

 削ったり被せたりする歯の治療は本当は「治った」わけではありません。どんなに精密でも、所詮はつぎはぎの「修理」でしかありません。天然の綺麗な歯に比べて抵抗性は低いです。「治療」して、その後にお手入れをさぼれば再発の危険度はずっと高くなります。

 そうならないためにも、痛くなった歯を治療して終わり・・・ではなく、定期的にメンテナンスにおいで下さい。定期的メンテナンスを受けられると虫歯や歯周病の再発率が低くなり(残念ながら再発率は0にはなりませんが)、生涯にわたりお口の中を快適に維持することが可能になります。

 欧米では、定期的な歯のメインテナンスは常識となっています。もちろん食後や就寝前の歯磨きは重要ですが、それだけでは健康な歯を守りきれないのが現実です。医院でのメンテナンスで、日ごろの歯磨きだけでは落としきれない汚れを専用器具で落とし、さらにフッ素塗布やポケットのお掃除などの追加処置を行うことで、虫歯再発予防や歯周病再発予防ができます。

BPS義歯