審美歯科

より美しく、自然な仕上がり

 審美歯科(しんびしか)聞きなれない言葉かもしれません。「審美」とは歯科の分野では見た目の美しさ・自然さを意味します。

初診時

初診時 奥歯の銀色、前歯の磨り減り

治療後

治療後 美しい口元を回復

 いくら噛むのに不自由は無くても、歯が変色していたり、銀歯が笑うと見えたりするのは嫌ではありませんか?審美歯科の技術で綺麗な口元を取り戻し、素敵な笑顔になれます。

適切な材料と丁寧な治療でより自然で美しい歯に

保険で治療した前歯

保険で治療した前歯 歯と歯肉の境目が黒く滲んできています

 保険治療は単純に歯を詰める、被せるが優先され、残念ながら見た目の美しさは考慮されていません。特に奥歯の被せる治療については基本的には銀色の金属しか使用できません。どうしても口元は暗くなります。前歯の被せる治療には保険でも白い材料を使用することが可能です。しかし、色が合わない、材料の変色、歯茎の際が金属色が透けて見えるなどの難点があります。  より天然の歯に近い自然な仕上がりや、耐久性を求める場合は質の高い材料と丁寧な治療時間をかけた審美歯科治療がやはり有利です。

どのような治療方法があるのか

 被せる範囲、必要とされる強度、色合いの自然さなどを考慮しながら治療方法を決めています。その際には患者さんに口の中を一緒に確認しながら行っています。

  • オールセラミッククラウン
    もっとも自然感のある色合いの再現ができます。前歯を美しく作りたいときに最適です。
  • メタルボンドクラウン
    金属にセラミックを焼き付けたものです。ブリッジなど強度が必要な場合に適します。
  • ハイブリッドセラミッククラウン
    通常のセラミックよりも粘りがあり割れにくい性質があります。奥歯の被せ物に適しています。
  • フルジルコニアクラウン
     強度の非常に強いジルコニアをコンピュータで削りだす最新の方法です。従来のセラミックでは割れてしまう大臼歯に適しています。色調はやや白めになります。
  • ハイブリドセラミックインレー
    部分的に歯を削ってはめ込む形のセラミックです。

審美歯科の症例

見た目の改善

見た目の改善前

治療前

見た目の改善を希望されて治療を行った女性患者さんの口腔内です。
治療前は虫歯や古い金属の色が目立ちます。

見た目の改善後

治療後

治療後です。
歯列矯正、根の治療、クリーニング、セラミック治療を行いました。違えるように美しくなりました。患者さんは一層おしゃれになり、若返りました。

セラミックで修復した症例1

セラミックで修復した症例 セラミックで修復した症例

前歯の変色

歯を仮歯に変えて再治療

セラミックで修復した症例

セラミックを装着

セラミックで修復した症例2

金属をはめ込んだ歯 銀が目立つ はめ込みのセラミックに置き換えて綺麗な口元に

金属をはめ込んだ歯 銀が目立つ

はめ込みのセラミックに置き換えて綺麗な口元に

針金の見えない入れ歯

ノンクラスプ義歯

 針金に当たる部分を弾力性のある樹脂で作製した義歯です。針金が見えない利点はコーヌス義歯と同じですが、やや義歯がたわむため適応症は少し限られます。

保険の義歯 針金が目立つ 下の咬み合せ 両側に針金が必要

保険の義歯 針金が目立つ

下の咬み合せ 両側に針金が必要

針金のない義歯 口元が綺麗に 針金のない義歯の咬み合せ 最小限の金属の露出

針金のない義歯 口元が綺麗に

針金のない義歯の咬み合せ 
最小限の金属の露出

 入れ歯で患者さんが気にすることのひとつに、針金が見えてしまうことがあります。最新の技術でこれらを目立たなくすることが可能です。

コーヌス義歯

全体を治療する必要有 全体を仮歯に置き換えた

全体を治療する必要有

全体を仮歯に置き換えた

精密コーヌス義歯を作製した 自分の歯にも冠を被せ二重構造にする

精密コーヌス義歯を作製した

自分の歯にも冠を被せ二重構造にする

ーヌス義歯が入ったところ精密でうごかず、針金もない

コーヌス義歯が入ったところ精密でうごかず、針金もない

 針金に当たる部分を二重冠という精密技術で作製した義歯です。支えになる歯を完全に削る必要性がありますが、見た目にはまったく針金が見えません。また、動きが少なく非常に安定した噛みあわせを作ることができます。

BPS義歯