歯周病治療

歯周病(と虫歯)の治療とメインテナンス

 歯を失う原因の約30%は虫歯による抜歯です。フッ素入り歯磨き剤の普及で、今では子どもの虫歯はずい分減ってきました。
 では歯周病による抜歯の比率は?実は約56%です。抜歯の原因として依然として高率です。成人の80%以上は何らかのステージの歯周病といわれています。
 歯周病(と虫歯)のメンテナンスや治療は毎日の歯磨きが重要なポイントですが、それだけでは無理です。ここでは具体的な方法について説明します。

歯周病の原因と進行について

歯肉炎・初期の歯周病

歯肉炎・初期の歯周病

 口腔内の細菌(プラーク)が歯のつけ根に付着・増殖・蓄積します。その周りの歯茎はプラークによって炎症を起こします。蓄積したプラークの一部は石灰化して歯石になります。

 炎症が持続すると歯と歯茎の間が剥がれてプラークが歯茎の奥深く進行してきます(歯周ポケットの形成)。さらに歯を支えている骨は、炎症の進行に伴って上部から少しづつ溶けていきます(歯槽骨の吸収)。

*この段階ならば定期的な歯科医院のケアと指導で十分に治療と予防が可能です

中等度歯周病

中等度歯周病

 初期の歯周病が放置されていると、歯周ポケットや歯槽骨の吸収がさらに進みます。歯茎の下に黒い歯石が沈着してきます(歯肉縁下歯石)。歯茎の付け根から膿や出血がしばしば見られますが、さほど自覚症状はみられません。口臭がしばしばひどくなります。

※この段階では、より手の込んだ治療と指導が必要です。歯茎の下までの歯石除去、かみ合わせの調整、綿密なセルフケアの指導、部位に応じての外科的処置、定期的なケアが必要となります。

重度歯周病

重度歯周病

 さらに歯周ポケットや歯槽骨の吸収が進んだ段階です。「咬むと痛い」「腫れた」「歯がグラグラする」という自覚症状が表れます。治療も長期になります。状態によっては抜歯が必要です。

※この段階では、より複雑で長期な治療が必要になります。基本的な治療に加えて、外科的処置、再生治療、抜歯、固定、抜いた部位の補綴治療(義歯・インプラントなど)が必要になります。

歯垢(プラーク)の本態とセルフケアの重要性について

プラークとは何か

 歯の表面についているクリーム色のネバネバしたものが歯垢(プラーク)です。プラークは、ばい菌とばい菌の排出物のかたまりです。プラークが歯周病と虫歯の大きな原因です。

プラーク

プラークは

  • 歯と歯肉の境目(歯頚部)
  • 歯と歯の間(隣接面)
  • 奥歯の溝(裂溝部)
にたまりやすくなっています。

 この3つの部分はプラークがたまりやすいので、もっとも虫歯や歯周病になりやすい場所です。ですから、歯みがきをするときに一番ていねいにみがいたほうがいい場所です。

歯みがきのマスター(セルフケア)こそが治療や長持ちの基本

歯ブラシ

 歯周病(と虫歯)では、きちんと歯磨きをマスター(これがセルフケアの基本)してプラークをきちんと取ることが、治療とメンテナンスの大きな要となります。

歯ブラシ

 きちんと歯ブラシがマスターできる人は歯周病も改善します。歯ブラシをさぼる人は治りも悪いし、再発率も高いです。

歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先を向けてプラークをかき出しましょう。

歯ブラシ

 歯の外側や奥歯の内側をみがくときは歯ブラシを鉛筆をもつように軽く握ります。そして毛先を歯と歯茎の境目に軽くあてます。歯ブラシを横に小刻みに動かしてプラークを書き出してください。お部屋の隅の汚れを小さな箒でかき出すのと同じ要領です。

歯ブラシ

 ごしごし力をいれて「磨いて」はいけません。境目の汚れは落ちないだけでなく、逆に歯の付け根が磨り減ります。

デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使いましょう

フロス

 歯と歯の間(隣接面)はプラークがたまり易いですが、歯ブラシがなかなか入りにくい場所です。油断すると、ここから歯周病や虫歯が発生・再発します。デンタルフロスや歯間ブラシを歯と歯のすきまの大きさにあわせて使いましょう。

  • 歯と歯の間が歯肉で埋まっている場所はデンタルフロスです。
  • 歯周病で歯肉がさがってしまい、歯と歯の間があいている場所は歯間ブラシです。

★使い方は自己流では駄目です。歯科医院で指導を受けてください!!

定期的なケア、メンテナンスの薦め

 毎日歯をきちんと磨いていても、場所によってはどうしてもプラークが残ってしまうところがあります。また時間がたつとそこに歯石が次第に再沈着してきます。これらの再度たまってきたプラークや歯石は長期に放置しておくと、歯周病(や虫歯)の再発の原因となります。

 歯科医院で定期的にこれらの再度たまったプラークや歯石をお掃除することが、もうひとつの大事な再発予防策です(いわゆるメンテナンス)。

 当院では、治療が終了した患者さんには、定期的なご来院とメンテナンスをお薦めしています。頻度は概ね2~3ヶ月に一回です。(状態によります)  メンテナンスでは、歯科衛生士が患者さんの口腔内をチェックし、主に歯石やプラークの汚れを除去します。

 虫歯、かみ合わせ、詰め物・被せ物・義歯、歯周ポケットなどもチェックします。必要な場合には歯科医師と連携し、経過観察もしくは治療を行います。  磨き残しがあるようでしたら、セルフケアの方法を再度ご指導します。

詳しくは予防歯科のページをご覧下さい。

BPS義歯