予防歯科

治療後は定期的メンテナンスを行って下さい

 痛くなった歯を治療して終わり・・・ではなく、定期的に歯科医院にメンテナンスにおいで下さい。定期的メンテナンスを受けられると、歯周病や虫歯の再発率を低くすることができます。かみ合わせや義歯のチェック・調整も出来ます。その結果、生涯にわたりお口の中を快適に維持することが可能になります。

虫歯の多発した例

虫歯の多発した例

虫歯の多発した例

食生活の不備が原因で虫歯が多発した例です。
女性 20歳代。
歯ブラシはきちんとしていますが、歯の付け根が連続して虫歯になっています。(根元の白い部分です)。
このまま放置すれば40歳代には確実に奥歯は抜歯になるでしょう。
こういった方はまず食生活をチェックします。甘いものを度々食べている場合には、その回数を減らすようにご指導します。

定期的なメンテナンスは結局安上がりでお得

 「悪くなったらばその都度治す」では費用もかさみ、口の中もだんだん崩壊していきます。それよりも、定期的なメンテナンスで健康な状態を維持したほうが良いと思いませんか?

 メンテナンスは当院では基本的に健康保険の範囲内で行っています。頻度は虫歯、歯周病リスクの低い方であれば3~4ヶ月に一度の来院で充分です(個人差があります)。

健康な口腔内を維持している方

健康な口腔内を維持している方

1992年当時

きちんと定期クリーニングを続けて、健康な口腔内を維持している方の例です。
女性70歳代。
定期管理開始時は1992年(上の画像)。
以後定期健診とクリーニングに欠かさずにいらしていただきました。

健康な口腔内を維持している方

2009年、17年経過時

2009年、17年経過時です。
多少歯の欠けた所を接着で修理したりしていますが、ほとんど口腔内の状態は変わりありません。

メンテナンスですること

 メンテナンスでは、歯科衛生士が患者さんの口腔内をチェックし、主に歯石やプラークの汚れを除去します。虫歯予防のためのフッ素も塗布します。

 虫歯、かみ合わせ、詰め物・被せ物・義歯、歯周ポケットなどもチェックします。必要な場合には歯科医師と連携し、経過観察もしくは治療を行います。

 磨き残しがあるようでしたら、その部位のご指摘や、歯磨き方法・歯ブラシの選択・デンタルフロスや歯間ブラシの使い方などをお伝えいたします。

BPS義歯